« ジャムと条虫との日々 | トップページ | 才太郎をかこむ会 »

2008年4月22日 (火)

うちの猫村さん

うちの猫村さん

じゃむー…。

帰ってきたのに嬉しくないの~?

若干寂しい反応ではあったけれど、ジャムはあたしのいない間、お決まりのストレスハゲを作って待っていてくれた。

それに夕べはピッタリくっついて眠っていたから、やっぱり寂しかったんだろう(だろうね?)。

今回、あたしはお友達の家の「こて」と実家の「ダブル」っていう2頭の猫村さんと触れ合ったけれど、ひとえに猫って言っても個性があって全然違う。

こては毛艶が良くってひげが生えてる、 ホッペというか、上唇のあの部分が発達していて、アザラシみたいで面白い!

Sany0041

んで「おいで!」って言うとぴょんとジャンプして胸の中に飛び込んでくるのだ。

…おりこう!こんな風だったら可愛くて仕方なくなるだろうなあ。

しかも、この写真みたいに飼い主が来るまでケナゲに待ってる!

ロクみたい…。彼女のことが大好きで仕方ないんだろう。

それから、ウチの実家のダブル。

彼はでっかくて、顔が三角で、なんと言っても目がクール!

超怖いんだけど…。

宮城2日目

なんかね、スズメとか捕まえて来そうな、そんな感じ。

自己を確立していて、「引き戸を開けて出かける」とか「押入れで眠る」ことに確固たる意思を持っていた。

で、ウチのジャム。

マイペース…

っていうか、ここに紹介した猫村さんはみんなオスで、体重もそれなりなんだけれど、どこかジャムのカラダってぽちゃぽちゃしてて、他の2頭とちょと(大分?)違う。

そんでもってジャムはイエスマンってワケじゃないんだけれど、なんていうか、「どっちでもいいよ」感が漂ってる。

ま、いいんだけどね。

弱くったって。

こんなにデブッチョなのに気は小さくて、あたしの側に来る時もどこか控えめ。

窓を閉め切ったもんもんとした部屋でも毛布に包まって眠っているジャム。

そんなジャムが、あたしはだーい好き!!!

ジャム!ジャム!

帰って来てジャムに甘えて、こんなダラダラした時間こそ我至福時間です。

さあジャム!おいで!

こてみたいにぴょんと来てよー。

そんなダルそうな目で見ないでさ~(笑)!

|

« ジャムと条虫との日々 | トップページ | 才太郎をかこむ会 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うちの猫村さん:

« ジャムと条虫との日々 | トップページ | 才太郎をかこむ会 »