« モコちゃんと才太郎 | トップページ | あたしのジャム王子 »

2010年1月23日 (土)

阿久根なビーチ♪

阿久根なビーチ♪
阿久根って言えばあたしだったら、前は「アクネ菌!」って叫んでたところだけれど、今だったら間違いなく「ブログ市長っ!」て叫んじゃうと思う。

そんな話題の阿久根市に今日は初めて足を踏み入れて来ました〜!

阿久根はこの通り海沿いの町で、海の恵みはもちろん、つき揚げ(さつま揚げのこと)や温暖な気候の恵みである「ボンタン」っていうでーっかい柑橘類でも有名なところです。

さてどうしてこんな遠くの、しかも冬のビーチを訪れたかって言うと…

ナントみんなのサーフィンに付き合っていたからなんですねー。

この寒空の下、すっごい多くの人がサーフィンを楽しんでいました。写真じゃ米粒すぎて分かんないけれど沢山いたんです。

50人はいたって思う。

あたしはこないだのナオコ's  birthday partyで知り合ったコリス達に連れて行ってもらいました。全部で6人で、あたしともう一人リエちゃんって女の子がいたんだけれど、あたし以外は全て海に消えていきました。

「あれっ!ミキはボード持ってこなかったの?」って無理!全然無理!

みんなスゴすぎる…。

だってさ、長袖長ズボンのウエットを着ていても、足や手や顔は出ているわけで、上ってきた人の顔はみんな真っ赤ですよ。

スノーボード以上に寒いスポーツってあるんだな、と何だか感心すらしてしまった(笑)。

宮崎でも季節に関係なくサーフィンしてる人は多いんだけれど、冬のサーファーに共通してるのは老若男女関係ないってことだ。おじいさんみたいな人も若い女の子も、みーんな冬の海を楽しんでいる。

かすかな記憶だけれど、あたしは雪がちらつく小樽の海でも見かけたような気がする。

以外に思うかもしれないけれど、青森でもサーフィンはとても盛んなスポーツだし、冬だってことは彼らにとって大きな障害ではきっとないんだろうと思う。

まあ、寒さで言えば紋別には「流氷ダイビング」なるスポーツもあるわけだし(これはドライスーツね)、人間の適応力ってスゴイ。

あたしはみんながウミガメのように沖に出た後は車に戻り、羽毛の肌掛け布団を膝に掛けて「現在/過去完了形」の復習をするっていうナントモ情けなく、かつ「何しに来たんだ?」的な時間を過ごしました。

って言うのも、本当はコリスが宮崎の青島っていうビーチに別荘を持っているからみんなで夜更かししよう、んで次の朝はサーフィンしよう、みたいな話になっていて、あたしはそれに参加してみんなが泳いでいるあいだゆっくりと朝寝坊する予定だったのだ。

ところが今日は宮崎の方で波が小さく(宮崎ではFMラジオでビーチの情報が流れる)、だから阿久根に変更になったってわけです。

しかし阿久根は遠かった~!

運転手の皆様、ありがとうございました♪

今日のメンバーのほとんどがウエスタンだったことについて、リエちゃんみたいに一緒に海に還って行ければあんな流暢な英語を話せるようになるのかも知れないけれど、あたしにはそこまでの器量は備わっていないので、ネイティブ同士の早口・イングリッシュに戸惑っていました。

そして今日は帰ってきてからTOEICの1ヶ月後のテストをしてみたんだけれど、ペースが早くてなかなか難しい。「ペースは無視していいです」ってことなのでお言葉に甘えて無視してやったんだけど、人間、欲が出るもので「これを提出する前にケリーに見てもらったらどうか」なんてことが浮かんできちゃった。

「それじゃ学力確認テストの意味がないじゃないか」

「だって資格に関係するわけでもないし誰かにアンフェアにはならないからいいじゃない」

「でも実力で点数がついたら嬉しいじゃない!」

「そんなこと言ってもこれ解くのにもう時間配分無視してるんだよ?」

「どうしてそんなに完璧主義なんだ!まだ1回目なんだからできなくたっていいじゃないか」

…と、非常に長い自問自答の末、面倒くさいのでもう出しちゃうことに決めました♪

ケリーにはテキストにつけた印で採点してもらうことにします。

アハハ。

さてと。宿題(?)が終わってすっきりしたところで今夜は「ER」にはまります。

ククク!ククク!

ではみなさんも風邪には気をつけて、よい週末を!

|

« モコちゃんと才太郎 | トップページ | あたしのジャム王子 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。