« あたしのジャム王子 | トップページ | 脇の下の幸せ »

2010年3月 2日 (火)

ケリーの首振り英会話

ケリーの首振り英会話
今日も行ってきました、首振り英会話。

縦に横に、振りまくって来ましたよ〜!

「アイノー」「アイアグリー!」「レアリー!?」←三種の神器

…グスン(ノ_≦。)

最近彼はあたしが間違うと笑うんだよね。

例えばさ、「You are teacher,aren't you?」って懐かしい付加疑問文があるじゃない?

こんな時、あたしはどうしても時勢にだけ気を取られて「dont' you?」か「didn't you?」のどっちかで答えてしまうわけ。

そもそも「isn't he?」「aren't you?」とかのbe動詞系って日本人苦手じゃない?

あたし生粋だから。顔とか無宗教なのとか含めてものすごい日本人だからさ、苦手なのよ本当に。

でも何回やっても間違っちゃって、ケリーもいい加減可笑しくなっちゃったんだろうね、「ブフーッ!」とか吹き出しちゃってさ。

始めはあたしもテヘッ!って感じで笑ってるんだけど、何回やっても間違っちゃうイライラと笑われちゃってる悔しさでだんだん真顔になってくる。

これね、血がつながってたり恋人同士だったりしたらバトルが勃発しちゃうと思うよ。

昔、パンパンに太ってアンパンマンみたいだった中学校1年生の頃。

あたしは「Here you are」の「Here」がどうしても発音できなくて、「ハレ ユー アー」って読んじゃっていた。

で、お母さんは当時も英語の先生だったから「これなんだっけ?」って聞きにいくんだけど、布団敷きながら「ヒア」って言うの。もう何回も聞いてるからテキストなんて見なくても分かるんだろうね、登場人物もケンとメアリーで自己紹介してるくらいの初期だから。

で、あたしがあんまり何回も「ハレ ユー アー」って言うもんだからお母さんも吹き出しちゃった。

読めなくてイライラしていたアンパンマンのあたしはアンコが噴き出そうなほどに怒って、しかも実写版だからそりゃあもう、すごいことになってたと思う(笑)

教科書を投げ捨てて将来も投げ捨てる寸前だったもの。

アハハ。

今は昔ほど太ってないし癇癪も持ってないけれど、でもやっぱり勉強は親族に教わるもんじゃないって思う。

今日だってさ、「1,2,3,4,5,6…」の読み方で、「th」の勉強をしたんだよね。

「ワン、ツー、スリー」じゃなくって、「ファースト、セカンド、サード、フォース、フィフス…」って読むやり方。

「Let's try! say 1 to 40!」

「O.K.(;;;´Д`)…ナインティーンス、トゥエンティーエス、トゥエンティーワンス…」

「ブフーッ!トゥエンティーワンス!」(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

「21(トゥエンティーファースト)」のことを「トゥエンティーワンス」って間違っただけなのに、一体何がそこまで可笑しいのかあたしには皆目分からない。

可笑しい?そんなに可笑しい!?

…ちょっと不愉快である。

だけどあんまり笑うからあたしもついつい一緒になって笑っちゃうんだよね(笑)

これぞ適度な距離感の成せる業。

カップルだったらこうは行きません。アハハ。

前に習っていたライスは、ポーカーが大好きでその話題になったら喋りっぱなしだったんだけど、ケリーの場合は金属探知機だね、本当にハマッてる。その話題ではずっと喋ってるもの。

だってカレンダーまで張ってあったんだよ!美女が探知機持って宝探ししてるの。そんなの日本じゃ考えられないよねー。もう驚いちゃう!

彼らはあたしのためにゆっくり話すとかいうことをしないんだけれど、それってあたしが「聞くのは分かる」からだと思うんだ。いや、分かるって言っても7割から4割(話題による)で、うなずいているからさも分かったように見えているだけなんだけれど。

でもあたしが彼の話に首を降り続ける限り、彼は分かってるもんだと思って話してくるからスピードも緩めないしあたしが間違った英語で話してもイチイチ咎めずに会話は進んでくんだろう。

前置詞とかをイチイチ咎められたらそれはそれでイラッとするんだけれど、天邪鬼なあたしはもっとペースを落として、こう、喋れるように導いて欲しいわけ。←本当に他力本願だよね(笑)

難しい。

英語って言うか、あたしという人間が難しいわ(笑)。語彙さえ増えれば「なんとなく分かる度」も更に高まるし「こんなこと言いたいんだな度」も高まって理解は深まるんだろうけれど、覚えようとしないあたしにはそれすらも難しいのである。

やっぱり足りないのはアレかねぇ、恋…かねぇ。

でもさっきから言ってるように恋人に前置詞とか現在完了とか直されたらイラ着いて「察してよ!」ってなるのは目に見えているし、結局はあたしという人間がもっと落ち着いて積極的な努力をしなければ週に一度のレッスンでペラペラにはなり得ないってことなんだろうね。 

うん。

まあいいや。ケリーは面白いし。首振ってても楽しいし。いつか外国人と恋にでも落ちたら自然にペラペラになるでしょう。

…でもあたし、イタリア人がいいんだよな~。カッコイイもんな~。

ハハハ。

さっ、寝ようかな。←もはや自暴自棄だね(笑)

CDだっても聞いてるけどさ、「聞くだけ英会話」なんて嘘ですよ。ケアフリーにしなければ全然耳に入ってこないもの。

だけど聞かなきゃますます聞き取れなくなるしねー。

この調子であたしの首振り英会話は続いていくんだろうなあ。トホホ。

もうちょっと頑張ろう。イタリア人が現れるまで。←まだ言ってる

では今日もいい1日でした。みなさん明日もよい1日を。

おやすみなさい。

|

« あたしのジャム王子 | トップページ | 脇の下の幸せ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。