文化・芸術

2008年4月27日 (日)

WWOOF

Sany0111

え?誰ん家?…的なこの空間!

実はCafeなんです!

霧島の、「Dog Cafe コカプー」。

ここは犬と一緒に入れるCafeで、宮崎県では斬新なお店だと思うんだ。

でも、それはもしかするとこのお座敷じゃなくって、テラスの方だったりするのかも。

あたしはコーヒーを飲んだだけだったからイマイチ分からなかった。

っていうのも、ここのオーナーが不在で、お留守番していたオディラさんに教えてもらったんだけれど、彼女、ここに来て1週間だって!

ビックリ!

出身はフランスで、WWOOFっていうプログラムを利用しながらナント20年も旅をしているそう!

(WWOOF JAPANはこちら

羨ましい…けど、躊躇しちゃうチョイスよね。

Sany0114

彼女は日本はもう3年目で、だから流暢な日本語を話す。

今42歳で、フランス語、英語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、日本語を操るなんともパワフルな女性である。

で、このWWOOFってプログラムだけど、これは世界のいくつかの国で共通するシステムで、まあ簡単に言うと「有機農場で決められた期間ボランティアをする代わりに、その期間の食事と宿は保障してもらう」制度のことだ。

あたしはそんな可能性広がる制度が存在したなんて全く知らなかったから、目から鱗、水を得た魚になっちゃった!

そんな人生、羨ましい!…いや、躊躇するけど。

彼女は1年間日本で英語教師を務め、こうしてボランティアをして過ごし、6月からまた英語教師を始めるそうだ。

うん、ポジティブでいいね!

こんどはオーナーの女性がいるときにまた行きたい。

…と、いうのも、ここのオーナーはドッグトレーナーなのだ。

「捨て犬をしつけて里親探しの間ボランティアでドッグセラピーをさせてくれる、金銭的余裕のある男性に出会いたい」

っていう他力本願な夢のあるあたしとしては、このドッグトレーナーに非常に興味があるわけだ。

ふふふ!

でもね、犬相手って根気第一って気がするから、仕事しながら学ぶってのは難しそう。

もちろん諦めるつもりはないけれど…。

さてこのお店、古い日本の民家を改築したものなんだけれど、アジアン雑貨で統一されていて居心地がいい。

Sany0113

んでヒッピーのお祭り、「虹のみさき祭り」のチラシが置いてあったり、どこかZealと通じるものがある。

オーガニックやフェアトレードを重視した、なんともあたしにヒットするお店だった。

似たような人は集まるもので、ここでは去年ホウちゃんのライブもしたらしい!

ホウちゃんは日南で「アフロビート」っていうカレー屋さんをやってて、

そこではジャンベとかスローな音楽のライブもする。

彼女は出張ライブも沢山していて、その歌声は優しくて地球賛歌的要素たっぷりなんだ。

彼女も超「土に足のついた生活」をしていて、雰囲気がすごくいい…うまく言えないけれど、なんか特別な感じのする人。

そうか、「自然コミュ」は拡大しつつあるのね。素敵じゃないの!

Sany0104

コカプーの上には「がまこう庵」っていうお蕎麦屋さんがあって、あたしはここでランチをいただいたんだけれど、そこはコカプーのオーナーのご両親のお店らしくって、そこもまたオーガニックで、器も手作りっぽさがあって優しい手触りが素敵だった。

お蕎麦はもちろん、焼きたての雑穀パンもとっても美味しかった~。

Sany0103

↑わらびの天ぷら入り山かけ蕎麦。美味!

なんだか霧島に通ってしまいそうな予感!

今度はロクを連れて行ってあげよう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)